ボランティア子ども防災

 

有田市の子どもたちを守るため防災教育活動をしているグループ「マモッチャクラブ」の方々と、有田市社協のインターンシップ生たち(中村・嶋田)がオンラインで箕島地区の避難場所について話し合いました。

津波が起こった時の箕島地区の避難場所は愛宕山ですが、道に柵がなく転落する可能性がある場所や、街灯がないといった課題点が見つかりました。

以前マモッチャクラブの方々が避難場所の視察に行った際に撮影した写真を見ながら、危険なところを確認中。
有田市の防災について、熱く語り合いました!

マモッチャクラブとの話し合いを終えて・・・

中村:「自分たちも避難場所・避難経路について知っておく必要があるということ、様々な視点の考え方が必要になるということ、安全性のある避難経路であることを確認する大切さを知り、改めて日ごろから防災について考えたり、家族と話し合ったりすることが重要だと感じました。」

嶋田:「実際に津波がきたとき、水害が起こった時にどこに逃げればいいか知っている方は多いと思いますが、本当にそこに逃げたら安全なのか、を考えている方は少ないと思います。自分の命、家族の命を守るために市民全体が、本当に津波が起きたと想定して避難する機会が必要だと改めて実感しました。」

 

学校にいけない・いかない子どもたちへ
詳細はこちら
ボランティアグループ「陽だまり」からのお祝いの品
詳細はこちら
朝起き会 箕島会場だより
詳細はこちら
朝起き会
詳細はこちら
公民館だより10月号
詳細はこちら
宮原公民館アンケート
詳細はこちら

ワード検索

イベント
カフェ
こども食堂
サークル
ささやき
にじいろこども会
ぶっとく幼稚園
マモッチャクラブ
わいがや娘の会
不登校
交流
体操
健康
働く
公民館
六桜花
子育て
宮原さん家
広報誌
料理
有田市社協
朝起き会
翠助産院
芸術
防災
陽だまり
障がい者
食品
高齢者