ボランティア子ども防災

 

マモッチャクラブによる最近の活動(ご報告)

防災教育のボランティアグループ「マモッチャクラブ」さんから、活動報告が届きました!

1.防災まちたんけん

1月28日に「防災まちたんけん」をおこないました。

マモッチャクラブと和歌山大学観光学部箕島LPPとワークショップをしました。

小学生6名が参加してくれました!

まちたんけんをしながら、災害時協力井戸、土嚢(土のう)ステーションの場所を確認し、実際体験してクイズ形式で知識を得てもらうという内容でした。

 

災害時協力井戸、土嚢ステーションの存在はご存知ですか?

【災害時協力井戸】

2024年1月に発生した石川県地震、ライフライン(水道、電気、ガス)が止まり使用できない状況になりました。

大規模災害では、水道の復旧には1ヶ月以上要すると言われています。

行政も被災するため、支援が早くても発生から数時間かかると言われています。数時間、自分たちで飲み水、生活用水(トイレ、洗濯など)を準備しなければいけないです。

 

有田市では、災害時協力井戸として登録されている井戸は37箇所あります。

有田市ホームページ参照
https://www.city.arida.lg.jp/kurashi/bosai/hinansho/1000698.html

 

これは、災害、断水のときのみ、生活用水として使用できる井戸のことです。飲み水ではありません。

井戸水は、所有者の善意で提供してくれているのでマナーを守ってください。

井戸水を運び入れる容器がないので各自用意お願いします。

 

大規模災害時、生活用水を確保することが難しくなります。事前に確認、使用法を把握することで、困難が一つへります。水が使えないので、トイレを我慢し災害関連死につながるかもしれません。災害関連死を減らすためにも知識が必要であると思います。

【土嚢ステーション】

土嚢は、水害時の応急対応として、土木工事、爆発の処理などにも使用されます。

土嚢の重さは、20~25キロです。土嚢ステーションにあるので必要なときに使用できます。

 

設置場所については、有田市ホームページ参照
https://www.city.arida.lg.jp/kurashi/bosai/hinansho/1000699.html

 

土嚢の積み方は、4分の1ずつ重なるように積み、1mあたり約5袋×2段積むようにします。足で踏み固めると強度が増します。

防災まちたんけんでは、実際に、井戸の使用方法、土嚢の重さを体験することできました。災害時にこの経験、知識が役立つことがうれしいです。

2.出前講座の実施

保田地区にあるボランティアグループコスモス会のみなさんと防災トイレ、防災ポーチのワークショップを行いました。

防災トイレは、新聞紙でつくりました。

災害時は、トイレが使えなくなります。トイレを我慢して、水分を控えることにより、脱水、血栓症になります。

血栓症が生じると脳梗塞、心筋梗塞が生じます。

マモッチャクラブが提案している防災トイレは、ゴミ袋の中に新聞紙をひき、その上にペット用シートを敷いた即席のトイレです。

(参考例 新聞紙スリッパと防災簡易トイレ)

紙袋の不安定さがあるので、トイレの便器に、介護用ポータブルトイレなどを装着してもらうと安定します。

ゴミ袋で包んでいるので感染症の予防にもつながります。

災害が発生して関連死を予防するためにも、トイレの確保が不可欠なので、防災トイレを常に持ち歩いてもらい、使っていただきたいです。

ワークショップでは、防災ポーチの中に何をいれるか、活発な話し合いになりました。

防災ポーチは常に携帯してもらい、自分の必要なものを考え入れてもらいたいです。中身は常に見直してもらうよう伝えました。

コスモス会の人たちと防災の話し合いができ、防災意識が高まることがうれしいです。

 

団体名マモッチャクラブ
団体種類ボランティア団体
活動目的防災教育、防災啓発
活動対象子ども、子育て世代
連絡先有田市社協 0737-88-2750

 

有田市公民館だより4月号
詳細はこちら
朝起き会 箕島会場だより4月+活動報告
詳細はこちら
マモッチャクラブによる最近の活動
詳細はこちら
有田市公民館だより3月号
詳細はこちら
朝起き会 箕島会場だより3月+活動報告
詳細はこちら
有田市公民館だより2月号
詳細はこちら

ワード検索

Tamariva
イベント
カフェ
こども食堂
サークル
ささやき
シルバー人材センター
にじいろこども会
ぶっとく幼稚園
ペタンク大会
マモッチャクラブ
わいがや娘の会
不登校
交流
体操
健康
働く
公民館
六桜花
和歌山大学
外国人
子育て
宮原さん家
広報誌
料理
有田市
有田市社協
朝起き会
翠助産院
芸術
語学
防災
陽だまり
障がい者
食品
高齢者